テンピュールフトンベーシックとエアリーのどちらを買うべき??

健康マットレスの購入を検討中

現在、健康マットレスの購入を検討しています。
理由は寝起きがすっきりするからです。
以前、ビジネスホテルに宿泊した際、そのホテルで使用されていたマットレスがホテルオリジナルのものでしたが、いわゆる健康マットレスでした。
寝具はどれでも同じだと思っていましたが、翌朝、すっきり目覚めることもできたし、疲れもだいぶとれていたことを実感することができました。
帰宅していつもの寝具(敷布団)で寝ましたが、宿泊したホテルのような感覚を味わうことができませんでした。
それなら健康マットレスを購入しようと決意しましたが、色々なものがあるため検討しています。

エアリーとテンピュールのどちらがいいのか

  • アイリスオーヤマ エアリーマットレスシングル
  • テンピュールフトンベーシック
  • どちらも店舗が近所にあり(アイリスオーヤマはホームセンターで販売されています)、安過ぎず、高過ぎずというところで選びましたが、品質をとるか、値段でいくかというところで迷っています。
    アイリスオーヤマは実際にお試しができる機会がなく、テンピュールとの比較が難しいため未だにどちらにするか検討しています。

    ホテルで使用されていたマットレスがとってもよかった!

    ホテルで使われていたマットレスが健康マットレスで、それがとっても気持ちよかったから、健康マットレスを購入しようと思ったという人はとても多いです。
    このように健康マットレスは一度寝てみると「おっ、こりゃすごいな、寝心地がいいぞ」って思えるものなんですね。
    百貨店で人がいる中で少し寝てみるのとは違って、ホテルで実際に眠ることができるので、とても参考になります。
    デパートでは、人が大勢いる中で横になるのも恥ずかしいし、なかなかリラックスしてみて気持ちいいとは思えなさそうですね。
    逆にそこで気持ちよく眠れるなら、どんなマットレスでもその人は眠れそうです(笑)。

    オーバーレイマットレスなら安くて質の高い眠りにつくことができるんです

    さて、この相談者が寝てみたのはベッドマットレスだと思うのですが、今回購入を検討しているのは(ベッド)マットレスの上にさらに置くオーバーレイタイプ(もしくはマットレスパッド)というタイプですね。
    マットレスそのものを買うと値段がどうしても高くなるので、このようにいま使っているマットレスの上にいいものを置くというのが健康マットレスでは主流ですね。
    もちろんそれでも効果はありますので、ご安心ください。

    テンピュールはもともとはベッドマットレスを販売しているブランドでしたが、このような時代の要請をうけ(?)、オーバーレイタイプを販売することにしました。
    それが、テンピュールトッパーです。

    あれ、フトンベーシックは??

    テンピュールフトンベーシックは和室に床に直接敷くものなので、相談者の方は和室なのかもしれませんが、ベッドならこの場合はテンピュールトッパーにすべきです。
    ちょっと画像のフトンベーシックおいてる場所が少しおかしい気がしますが、基本的にこんなバカンスな感じではなくて和室に使うものです。
    エアーウィーヴでいうところの四季布団シリーズにあたるラインナップですね。
    テンピュールふとんベーシック

    エアリーとテンピュールの違い

    エアリーとテンピュールの違いですが、せっかくなので表にしてみました。

    どちらもシングルサイズで比較しています。
    テンピュールは、トッパータイプで、エアリーはMARタイプ。
    それぞれの一番安いラインナップ同士で比べています。

    マットレス エアリー テンピュール
    素材 エアー素材 テンピュール素材
    価格 18144 25000

    エアー素材とテンピュール素材

    ここで気になるのはエアー素材とテンピュール素材のなにが違うかということなのですが、エアー素材はエアーウィーヴで話題になった素材で、中に絡まった糸みたいなのが入っています。藁というか、要するに繊維なんですね。
    テンピュールはぎっしり反発力の強いスポンジみたいなのが詰まっています。

    違うのは寝心地と音と水洗い

    寝心地はどちらもタイプが違うので好みという感じです。
    ざっくり言うとエアリーは空気の上で寝ている新体感タイプ。
    テンピュールはいかにも健康マットレスといった徐々に体が沈み込んでいくような感じのもの。

    テンピュール®素材は、オープンセル(穴開きの細胞)構造になっておりますので、ご購入いただいた当初の状態からしばらくの間は、そのセルひとつひとつの穴の周りに薄い膜のような物が残っており、空気の出入りが少ない為、若干硬く感じられます。お使いいただくうちにその膜は徐々に剥がれていき、空気の出入りもしやすくなりますので、素材が変形するスピードがより速くなり、なじんでまいります。
    また、温度に敏感ですので、気温が低い時には硬めに、また、気温が高い時にはやわらかく感じられます。しかし、テンピュール®素材は硬く感じられた場合でも、お客様の体温と体圧に敏感に反応し、ゆっくり身体の形に沿って沈み込みなじんでまいりますので体圧分散効果に影響はございません。

    芯材の中身が空洞の特殊加工で、製品体積のなんと約95%が空気で出来ているため軽量で、身体に優しい高反発ながらも固くなく、ふんわりとした寝心地は新体感です。
    材料はポリエステルなので、カバーを外して水洗いもでき清潔です。カバーの表裏はニット生地とメッシュ生地になっていますので、季節に合わせて快適にお使い下さい。

    デメリットでマットレスを比較する選び方

    購入候補のマットレスが数個に絞れたらおすすめの選び方は、デメリットで比較することです。
    デメリットが気になるとどんないいマットレスも眠るときにストレスがあるのではしょうがないので、マットレスを選ぶときは実は消去法が有効だったりします。

    エアリーは中身が繊維のため動くと少しだけガサガサ音がします。
    それがストレスになりそうであれば(音に敏感なのであれば)、やめたほうがいいでしょう。
    これはエアー素材すべての特徴(デメリット)です。

    テンピュールは逆に水洗いができません。
    これはおそらく(テンピュールは公表していませんが)テンピュールオリジナル素材と言われる素材がウレタンでできているためで、ウレタンフォームという素材は吸水性が非常に強いため水洗いができないことが原因でしょう(洗っちゃうと乾かなくなってしまうのです)。

    なので、洗えないことと動くと少し音がすることのどちらが嫌なのかという点で決めたらいいと思います。
    私はモゾモゾ寝てるときに動くので、音はどうかなと思ったのですが、実際に寝てみたところエアリーの音はほとんど気にならないですね。
    寝心地でいうとウレタン系のちょっと固めで少しずつ沈み込んでいく感じが私はあまり好きでないので、マットレスに横になったときに瞬間的に感じる「気持ちよさ」の点で、私ならエアリーにします。
    ただ、入眠時全然動かないよっていう人はテンピュールのほうがいいかもしれません。
    あとは仰向けに寝る人もテンピュールのほうがいいでしょうね。

    そんな感じでした。マットレスの選び方の参考にしてもらえればと思います。


    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ