飲食店勤務と腰痛。おすすめのマットレスは・・・

飲食店で働いています。

お盆をさげたり、大量の洗い物をコンテナに入れて運んだりするので、結構な重労働です。

コース料理のお皿は高価で、一枚一枚がしっかりした作りで重いので、沢山お盆に乗せると重いしひっくり返してはならないと、緊張します。

腰痛になった瞬間

いつものように、お客さんが帰られた後、テーブルを片付けていました。終始かがんだ格好で茶碗やコップを種類ごとにコンテナにまとめていくので、結構腰に負担がかかる作業です。

そのあと、大量の洗い物が入ったコンテナを持ち上げようとしたとき、コキッと腰の辺りで骨がなるような感じしたのです。

その後は、もう腰を伸ばす事が痛くて出来ず、真っ直ぐ立つことも出来なくなりました。

腰だけでなく、背中の筋肉も突っ張ってきて、前屈みになった姿勢が一番楽で、しばらくその体勢で痛みが治まるのを待ちました。

背骨はS字カーブを描いて、負荷を分散するようになっています。何らかの原因でS字カーブが失われると、体のカナメである腰に衝撃が加わりやすくなります。

また、お腹の深層部にあるインナーユニットと呼ばれる筋肉があります。

そのインナーユニットは、呼吸や内臓の機能、姿勢の保持などにも大きく関与しています。

このインナーユニットがしっかりしていないと、腰椎に負担がかかることになり、腰痛の原因となります。

つまり腰痛予防には、この2点が大きく関わっているということです。

なので、姿勢をよくすること、ストレッチとトレーニングを行う事により、腰痛になるおそれが激減します。

また、重い物を持ち上げる時や、カラダを曲げる、ひねる時の急激な動作に注意し、持ち上げる動作では、腹圧をかけるようにするといいそうです。前かがみや中腰等の不自然な姿勢は取らないように。

なるべく膝を着いた姿勢にし、ひねりやねじり動作は体ごと向きを変え、正面を向いて作業するなど、腰への負担を考えながら仕事するといいです。

腰痛に悩める人におすすめのマットレス

使用するマットレスは腰に負担の腰に負担のかからない、高反発のものを使用したいですね。
高反発のウレタンフォームのものであれば、腰に負担がかかりにくくなりますので、おすすめです。

かといって高いものをいきなり選ぶのは抵抗があるかと思います。
そこで、低価格でありながら、高反発ウレタンで腰にいい体圧分散性に優れたものを選ぶといいでしょう。

オススメはモットン

そこで、おすすめしたいのはモットンです。
モットンは価格が(現在キャンペーン中のため)3万円台とお手頃で、かつ日本人の体型に合わせられた高反発ウレタンのマットレスなので非常にいいです。
もともと腰痛対策のマットレスなので、もちろん腰のサポート性は抜群です。

価格で比較するとエアーウィブが7万円~、東京西川も5万円~なので、3万円台のモットンは非常にお得感があります。
またマットレスそのものに厚みがあるため、体重のある人も安心して使えます。

会社務めは人付き合いも多くストレスもたまりがち。
睡眠くらいは気持ちよくとりたいところ。モットンなら3万円台で睡眠がガラッと変わり、朝が憂鬱でなくとっても快適になります。
ぜひ使ってみてください。

公式サイトから購入(下記リンク参照)しないと2万円割引キャンペーンにはならず、保証もつかなくなります。
この点だけ注意してください。

併せてモットンを実際に使ってみたレビュー記事もご参照ください。

ワンルームの部屋だからモットンがおすすめ(口コミ・レビュー)


モットンの公式ページはこちら

腰痛対策のマットレス

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ