産直所で野菜を販売仕入をしている人の腰痛対策

産直所で野菜を販売仕入をしている人の腰痛対策とおすすめマットレス、また段ボールを持つことが多い人におすすめのマットレス、マットレスの選び方などを本日は紹介していきます。

野菜ソムリエと腰痛

産直所で野菜を販売仕入の仕事をしています。野菜ソムリエの資格を取得して産直所でアドバイザーとして働くことになっていましたが、仕入れを担当することになりました。
夏は野菜も葉物が多くてそんなには苦労はしないのですが、寒い季節になってくると、白菜やジャガイモに人参などの重量がある野菜が多く出回ってきて、寒いなか、5キロ〜30キロくらいの段ボールやサンテナを車に毎日積んで、職場におろして、さらに冷蔵庫に積むという作業を一人でしていたせいで、重いものを持つと激痛がはしり、冷えがひどい時にはかがめなくなるほど腰が痛みました。

野菜は段ボールで届きますし、やはり中身がなんであれば段ボールを持つ仕事はとにかく腰痛に悩んでいらっしゃいます。
このような仕事に従事されている方はぎっくり腰のリスクと同様に慢性的な腰痛になりやすいので、寝ているときの腰のケアはもちろん仕事前にストレッチをしたり、重いものを持つときはしっかり腰を落としたり心がけも大事になってきますね。特にぎっくり腰はいいマットレスで寝ていたとしてもなるときは突然なりますので、心がけが大事です。横着せずしっかり腰を落として、段ボールを持ちましょう!

野菜ソムリエとは

ソムリエといえばワインですが、野菜ソムリエなんていう資格もあるんですね。

野菜ソムリエは、野菜・果物の魅力を伝えるために、様々な知識(目利き、保存方法、栄養価、料理方法など)を身につけています。
野菜・果物が私たちの食卓に並ぶまでには、多くの人がかかわりつながっています。野菜ソムリエは、畑から食卓までのかけ橋になることを使命として、様々な場面で活動しています。

野菜ソムリエになるには

野菜ソムリエの資格は、3段階のコースに分かれています。
まずは「ジュニア野菜ソムリエコース」。野菜・果物の魅力を知り、「自ら楽しむ」ことをゴールとしています。次にその魅力を「伝える」ための「野菜ソムリエコース」。野菜・果物の専門知識と伝えるスキルは、この2段階のコースで学びます。
そして資格取得後に野菜ソムリエとしての活動が認められた方だけが、コースの最高峰である「シニア野菜ソムリエコース」で更なるスキルを磨く事ができます。
※「野菜ソムリエ」は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会の登録商標です。
※野菜ソムリエコースは、ジュニア野菜ソムリエの資格取得後、受講することができます。

腰痛対策のアドバイス

まずは寝具を変えましょう。マットレスを高反発のウレタンフォームのものにしましょう。
それから整体に2週間に1回程度でいいので通ったりするといいでしょう。

その後の経過

マットレスをモットンに変え、整体に通いだすと、徐々に痛みも和らいで、生活や仕事などにも支障なく過ごせるようになってきました。

マットレスの選び方

特にこだわりがなく何でもいいというなら腰痛対策に作られたモットンがいいでしょう。
腰のケアを考えた場合、エアー素材や低反発のものではなくて、高反発のウレタンフォームがおすすめです。

値段は高くてもいいから知名度の高いブランドもの!…というのであれば浅田真央ちゃんのエアーウィーヴ。
腰のケアを考えるならエアーウィーヴライトなど廉価版ではなくて、通常のエアーウィーヴがいいです。
そうしないと、厚みが足りなくて、腰の部分が底つきしちゃうと意味がなくなってしまいます。
こちらは繊維素材なので、動くと少しガサガサします。寝るときにそういう音がするのはちょっと…という人はウレタン系マットレスにしましょう。
ウレタン系の高反発は他には、タンスのゲン、東京西川AIR、セルプールなどがあります。
興味がある人は、他の記事などもあわせて参照してみて決めてください。

今ならモットンが割引中

モットンは腰痛への効果をアピールポイントとしてネット通販のみで販売している高反発マットレスです。
体圧分散力に優れ、寝ているときに、負担が腰に集中しないような作りになっています。
現在公式サイトからの購入ですと2万円オフになっているので非常にお得です。
価格もエアーウィーヴなどに比べると1/3程度なのでコスパもいいでしょう。
保証期間もあるので、通販のみで体に合うか不安な方も安心できそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ