意外と多い!?飲食店での腰痛の原因とは?

飲食店で接客をやっていると、どうしても無理な姿勢をとりがちです。
休憩時間や家での時間を有効的に使ってストレッチを行いたいですね。

飲食店での腰痛の原因とは

元々ぎっくり腰で3回ほど寝たきりになっていました。
癖になっていたのかちょっとした動作でも嫌な感じはしていたのですが
下げた食器を洗い場に置くときに1度固まりました。
テーブルを拭くときに前かがみになる、高いところにあるものを取ろうとする
下にあるものを拾うときにも同じようにうっとなったことがあります。
痛みを感じたときはすぐに静止しないと身動きが取れなくなるという予感があります。
そのまま無理をすると完全にぎっくり腰になりそうなのがわかります。

やはり飲食店のホールをやっていると、無理な体勢が多くなってしまいます。
前かがみやしゃがむ体勢が腰に負担になってしまいます。

腰が固まってしまい、動けなくなる前に少し腰を伸ばしてやることや、お風呂に入ったあと寝る前にストレッチを行うと少し楽になります。

腰痛コルセットは腰痛に良いのか

腰痛ベルト(コルセット)
つけているときの動作は楽になりますが頼りすぎると弱って悪化しました。

腰痛コルセットは「本当に痛くて辛い」時には効果的ですが、常用すると逆に悪化させてしまいます。
腰痛コルセットは腰痛を直しているのではなく、血行を悪くし痛みを感じないようにしているので、痛みの感じていない間に腰に負担をかけてしまえば外した時に激痛を伴います。

腰痛に悩んでいるのであれば、コルセットに頼るのではなく1日の3分の1過ごしているであろうマットレスを変える事をオススメします。

飲食店の接客をやっている人にオススメのマットレス

接客をしている人は、自然と腰に負担の掛かってしまいます。

使用するマットレスは腰に負担の腰に負担のかからない、高反発のものを使用したいですね。
高反発のウレタンフォームのものであれば、腰に負担がかかりにくくなりますので、おすすめです。

かといって高いものをいきなり選ぶのは抵抗があるかと思います。
そこで、低価格でありながら、高反発ウレタンで腰にいい体圧分散性に優れたものを選ぶといいでしょう。

オススメはモットン

おすすめなのはモットンです。
モットンは価格が(現在キャンペーン中のため)3万円台とお手頃で、かつ日本人の体型に合わせられた高反発ウレタンのマットレスなので非常にいいです。
もともと腰痛対策のマットレスなので、もちろん腰のサポート性は抜群です。

価格で比較するとエアーウィブが7万円~、東京西川も5万円~なので、3万円台のモットンは非常にお得感があります。
またマットレスそのものに厚みがあるため、体重のある人も安心して使えます。

公式サイトから購入(下記リンク参照)しないと2万円割引キャンペーンにはならず、保証もつかなくなります。
この点だけ注意してください。


モットンの公式ページはこちら

腰痛対策のマットレス

Written by WHICK

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ