意外と多い!鍼灸師の腰痛の原因とは

鍼灸師は前かがみ姿勢が多く、慢性的な腰の痛みに悩まされる職業です。前かがみ姿勢が多いので、椎間板ヘルニアになると厄介です。
日々のストレッチ等が重要になってくるでしょう。

腰に来てしまう前かがみ姿勢

患者さんに針治療や、マッサージなどを前かがみでする為、腰がだんだんダルくなってきて、やがて鈍痛が出てくる。
酷い時は前かがみの姿勢からカラダを起こすのが辛く、固まった様な感じになり、少しずつストレッチをしながら体をおこします。
この様な状態が1週間程続くと右足さきに痺れ感が出てきて、ピリピリしだす。
これは以前MRIで検査を受けた所、椎間板ヘルニアと確定診断を受けたのでその為と思っています。
1ヶ月程で痺れは収まります。

前かがみの姿勢は腰や椎間板に大きなダメージを与えます。
鍼灸師は前かがみの姿勢を取らざるを得ないので、どうしても腰に負担のかかる姿勢になってしまいます。

日々の痛み対策とは

痛みや痺れが収まってから腹筋運動と背筋運動をして、お風呂上がりにストレッチをしている。
するとしばらく腰痛は起きない

身体が腰等の前に重心がかかってしまっているので、重心を後ろに戻してやると良いでしょう。
日々前かがみ等の姿勢を極力抑え、腰を反らせる運動やストレッチを行うと改善します。
お風呂あがりにストレッチをしているとのことで、お風呂あがりのストレッチは筋肉が柔らかくなっているので、とてもほぐれやすくなっています。これからも続けると良いでしょう。

鍼灸師にオススメのマットレス

鍼灸師は前かがみの姿勢で腰や椎間板に大きな負担をかけてしまっています。

なので、マットレスは、腰痛に特化された腰に負担のかからない仕様となっているものがいいでしょう。
高反発のウレタンフォームのものであれば、腰に負担がかかりにくくなりますので、おすすめです。

かといって高いものをいきなり選ぶのは抵抗があるかと思います。
そこで、低価格でありながら、高反発ウレタンで腰にいい体圧分散性に優れたものを選ぶといいでしょう。

オススメはモットン

おすすめなのはモットンです。
モットンは価格が(現在キャンペーン中のため)3万円台とお手頃で、かつ日本人の体型に合わせられた高反発ウレタンのマットレスなので非常にいいです。
もともと腰痛対策のマットレスなので、もちろん腰のサポート性は抜群です。

価格で比較するとエアーウィブが7万円~、東京西川も5万円~なので、3万円台のモットンは非常にお得感があります。
またマットレスそのものに厚みがあるため、体重のある人も安心して使えます。

公式サイトから購入(下記リンク参照)しないと2万円割引キャンペーンにはならず、保証もつかなくなります。
この点だけ注意してください。


モットンの公式ページはこちら

腰痛対策のマットレス

Written by WHICK

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ