在宅デザイナーの宿敵、腰痛 対策方法とは

在宅デザイナーをやっていると、やはり長時間自宅の椅子に座りっぱなしの状態が続くので、腰が固まってしまい腰痛の原因となってしまいます。
日々身体を動かしてやることを意識して行って行きたいですね。

在宅デザイナーの宿敵、腰痛

長時間(1日10時間)、自宅のイスに座ったままPC作業を続けたことが原因で、
腰痛になりました。具体的な症状は、前屈や、のけぞった時に腰がビリビリする。
酷い時は、背中やおしり、猫背になり肩までも痛くなりました。
うつぶせ、仰向きで腰をまっすぐして寝るのが辛く、
横を向いてやや丸まって寝るしかなかったです。
自宅で仕事をしていると、打ち合わせなども全部PCで、
会社のように少し歩いたり、ストレッチする時間も特に取らなかったのが悪化の原因だと思います。

やはりデスクワークをしていると腰痛に悩まされてしまいます。
仕事中にストレッチを始めたりするのは出来ないので、少しの空き時間や、腰が固まってきたと思ったら身体を前後左右に動かしてやる事で血流を良くし、疲労物質を流す事が出来ます。
仕事終わりや休日に少しウォーキングをするのも良いでしょう。

間時間のストレッチは重要

お昼休憩の時にストレッチ。PC作業中はできるだけ背筋を伸ばすように心がけています。
また、骨盤サポートベルトなどを着用しています。

ストレッチを行っているとのことで、少し安心いたしました。
座り方を意識されているようですが、やはり意識していても自然と猫背になってしまったりしてしまいます。

クッションを入れよう

椅子と腰の間にクッションを入れてやることで大分痛みが軽減します。
骨盤矯正クッションを使用することで骨盤を正しい位置に戻してくれ、腰痛の原因の神経圧迫、血液の滞りなどが改善します。

在宅デザイナーにオススメのマットレス

デザイナーは座りっぱなしの職業なので嫌でも腰に負担がかかってしまいます。

使用するマットレスは腰に負担の腰に負担のかからない、高反発のものを使用したいですね。
高反発のウレタンフォームのものであれば、腰に負担がかかりにくくなりますので、おすすめです。

かといって高いものをいきなり選ぶのは抵抗があるかと思います。
そこで、低価格でありながら、高反発ウレタンで腰にいい体圧分散性に優れたものを選ぶといいでしょう。

オススメはモットン

おすすめなのはモットンです。
モットンは価格が(現在キャンペーン中のため)3万円台とお手頃で、かつ日本人の体型に合わせられた高反発ウレタンのマットレスなので非常にいいです。
もともと腰痛対策のマットレスなので、もちろん腰のサポート性は抜群です。

価格で比較するとエアーウィブが7万円~、東京西川も5万円~なので、3万円台のモットンは非常にお得感があります。
またマットレスそのものに厚みがあるため、体重のある人も安心して使えます。

公式サイトから購入(下記リンク参照)しないと2万円割引キャンペーンにはならず、保証もつかなくなります。
この点だけ注意してください。


モットンの公式ページはこちら

腰痛対策のマットレス

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ