事務作業(営業事務)のケースから腰痛を考える

営業事務という仕事で主に電話での受注発注クレーム対応とそれに付随するPC作業です。
座っている時間が長く、腰に負担がかかります。長時間の座位では足を組んでしまうことが多いのでそれもまた良くないのかもしれません。ストレスの多い仕事です。

受話器を左肩に挟んで仕事をしていませんか?

電話は普通の電話なので、受話器を左肩に挟んで応答し、右手で受注書を書く仕事なので自然と背骨も曲がった状態が長くなります。

座っている時間が長いので気が付くと足を組んでいることが多く、それも背骨から腰にかけての負担となっていると思います。
お茶を飲むひまもないほどなので、座った状態がかなり長く続きます。
休憩を十分に取れればその間に体操をしたりすることができると思うのですが、その時間がないことも原因だと思います。

効果があったのはウォーキング

骨盤の周囲の筋肉を鍛えると良いと聞いて、ウォーキングを始めました。大股で約一時間ほど歩きます。
それから、足を組むことによって骨盤がゆがんでしまうということなので、骨盤の位置を整える矯正体操も時々します。

その二つによってだいぶ良くなりました。
また、仙腸関節がずれることも腰痛の原因になると聞いたので整体にしばらく通ってプロの先生から体操も教えてもらいました。
かなり良くなりましたが、たぶん一番簡単で良かったのはウォーキングです。

腰痛へのアドバイス

まずは仕事上で休憩をきちんともらえるように上司に相談することと、電話を使うことが多い仕事であればヘッドセットを購入してもらうとかなり楽になるかもしれません。
腰痛はなんどなく痛いと思いながら仕事が忙しいと無理をしてしまったり、重い病気ではないので我慢してしまうことが多いのではないでしょうか。ところが腰痛を放っておくと、ひどい神経痛になったり、椎間板ヘルニアという病気になったりします。

また頸椎・背骨・腰・骨盤などは歪んでしまうと様々な慢性病の元になります。
血行を良くするために、仕事中は血流がよくなるお茶を飲んで体を温めたり、座り仕事の場合にはできるだけ立ったり座ったりを繰り返すようにしましょう。
肘をついたり、背中がまるまったまま長時間座っていたり足を組むということは厳禁です。そして通勤途中や週末などにもできるだけウォーキングをして体幹の筋肉を鍛えておきましょう。
そうすると、腰痛にもなりにくくなります。

腰痛にオススメのマットレス

デスクワークや、車の運転をしていると腰に負担がかかりがちになってしまいます。

使用するマットレスは腰に負担の腰に負担のかからない、高反発のものを使用したいですね。
高反発のウレタンフォームのものであれば、腰に負担がかかりにくくなりますので、おすすめです。

かといって高いものをいきなり選ぶのは抵抗があるかと思います。
そこで、低価格でありながら、高反発ウレタンで腰にいい体圧分散性に優れたものを選ぶといいでしょう。

オススメはモットン

そこで、おすすめしたいのはモットンです。
モットンは価格が(現在キャンペーン中のため)3万円台とお手頃で、かつ日本人の体型に合わせられた高反発ウレタンのマットレスなので非常にいいです。
もともと腰痛対策のマットレスなので、もちろん腰のサポート性は抜群です。

価格で比較するとエアーウィブが7万円~、東京西川も5万円~なので、3万円台のモットンは非常にお得感があります。
またマットレスそのものに厚みがあるため、体重のある人も安心して使えます。

会社務めは人付き合いも多くストレスもたまりがち。
睡眠くらいは気持ちよくとりたいところ。モットンなら3万円台で睡眠がガラッと変わり、朝が憂鬱でなくとっても快適になります。
ぜひ使ってみてください。

公式サイトから購入(下記リンク参照)しないと2万円割引キャンペーンにはならず、保証もつかなくなります。
この点だけ注意してください。

併せてモットンを実際に使ってみたレビュー記事もご参照ください。

ワンルームの部屋だからモットンがおすすめ(口コミ・レビュー)


モットンの公式ページはこちら

腰痛対策のマットレス

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ