イベントの設備搬入で腰痛!

イベントの設備搬入もアルバイト求人などでよく見る仕事ですね。
こういった仕事をするときは腰を痛めないように気を付けてください。

搬入作業で腰を痛めるパターン実例

イベントを開催するときにステージセット等を搬入するときに、腰が抜けた感じになった後にバランスを崩した時に腰がのびたような感覚になった。痛みはなかったがずれた感じの違和感があった。ただ痛みはなかったし人数も少なかったので休まずに仕事をしていたが、音響の配線を繋ぐためにしゃがみこんだ瞬間に身体を激痛が走り立てなくなり、そのまま他の人に作業を代わってもらった。帰り道車の座席に座れず腰をつけず横になるしかなかった

痛み止めはあくまでも一時的な薬

痛み止の薬をひとまず飲み、痛さが軽減されてから接骨院に行き治療をしてもらい違和感も痛さもなく今は過ごせている。

痛み止めとあわせて、ボルタレンなどの湿布を使うといいですね。急なものであれば冷たい湿布。それから暖かい湿布に変えていくといいでしょう。
前もって腰を痛めそうな仕事をするときは事前にボルタレンEXテープなどをもっておくといいかもしれません。
あなただけでなく同僚が腰を痛める可能性だってあるのですから。

おすすめは腰痛ベルト

事前に準備するのであれば、腰に巻くベルトも買っておくといいでしょう。
最近ではとてもいい商品でています。

腰痛ベルトは何本か持っていますが、どれも効き目は今一です。
酷い腰痛になってしまい必死に探してこの商品に出会いました。
かなり効果があって腰痛も軽減してきたように感じています。
ずり上がらず定位置におさまってくれ快適です。

コルセットよりもいい腰痛ベルト

初めて「腰痛ベルト」というものを購入しました。
効果がありました。
腰の痛みが軽減され、姿勢も良くなり、かなり楽です。

決して安くはないお値段なので、ちょっと心配でしたが(^^;)
1ヵ月経った今では、デスクワークの必須アイテムになっています。

人工ボーンと呼ばれる(?)弾力のある軸を支えに幅広の布ゴムで締め上げる感じの腰痛ベルトです。
巻くのに多少のコツがいりますが、慣れれば、短時間で巻けるようになります。

以前、病院でコルセットを使用していたことがあるのですが、
それより素材がやわらかいので、フイット感抜群です。
体にあたる部分も痛くありません。


ゴルフ・ジョギング・通勤はもちろん。日常生活で、腰痛・ひざ痛がらくになる。
ゴルファーにも大人気の「膝サポーター」↓&↑「腰痛ベルト」
新聞広告でもおなじみの商品です。

追記:腰痛向けコルセットであればバイオメカコルセットがいいです。

腰痛コルセットは腰痛でつらい身体には非常に有効です。
特に急性期の腰痛には、固定力が強くて、動作制限を重視した幅広のものを使いますが、動きづらくて苦しいものです。
また腰痛コルセットを長い期間使用していると、腰やお腹の筋力が弱ってしまうため、逆に症状を悪化させてしまうこともあります。

そのようなデメリットを改善して作られた腰痛コルセットが、鳳麟堂の愛知政則先生独自の「筋肉の連鎖理論」を応用して作られた「バイオメカコルセット」です。

続きを読む



腰痛におすすめなのはマットレスならモットン

急な腰痛にはマットレスは基本的に意味はありませんが(そんなに急激に効果があるものではなく日々のケア商品なので)、腰痛に悩む人がマットレスを買うなら高反発ウレタンフォームのモットンがおすすめです。
日本人の体型にあわせて作られた腰痛対策の健康マットレスです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ