ストレートネックだけど横向きに寝たい……そんな人のための枕が登場しました

ストレートネックと気付いたのは成人してからでした。
一般的な高さの枕だと後頭部が持ち上げられたような姿勢になり5分もしないうちに痛くて寝られませんでした。
「枕が合っていない」というのはよく聞くのですが、具体的にどう合ってないか、ということに自分では気づくことができませんでした。
あるときテレビを見ていて自分がストレートネックだと分かり、枕を低くすればいいという事が分かりました。
オーダーメイドはさすがに高くて手が出せなかったので、市販で売っているものをいろいろ試しました。
低反発枕も試しましたが、大体のものが高すぎるのと固くて首の部分が圧迫されるような痛みがあり、私には合いませんでした。
低ければよいのかと思い、枕無しで寝てみましたが、それだと頭が低くなりすぎて痛くてこれもダメでした。

低反発まくらの場合は、気持ちよく眠るということに特化されていて、なかなかストレートネック対応にはならないんですよね。
ストレートネックに対応するには、頭の重みをうまく枕で分散させないといけないんです。

そこでオーダーメイドという選択肢がでてくるのですが、やはり高いのが難点……。

オーダーメイド枕の相場

価格はだいたい2万円~というのがオーダーメイド枕の価格帯です。カバー代は別にとることが多く追加でさらに2000円ほどかかります。

参考までにやまぜんさんのWebサイトの価格に対するQAから引用してみました。

オーダーメイドまくら本体は¥20,000(本体価格)です。中材がワタの場合は¥22,000(本体価格)になります。あと、専用まくらカバー\3,000(本体価格)~ ※一般の規格サイズ(45cm×65cm)に入れると、調整したオーダーメイド枕の高さが変わる場合が多いので、当店では専用の大きめサイズを用意しておりますので大きめサイズをオススメしています。

ストレートネック用枕の思わぬ欠点

ストレートネック用の枕はたくさんでているのですが、多くのものは横向けに寝にくいんですね。

普段横向きで寝ているのに、いくらストレートネックだからといって、普段寝ていない体制で寝るというのは無理があります。

しかし、ストレートネック用でもあり、しかも横向けに眠れる枕を見つけたので、本日はそれを紹介します。

YOKONE(横寝)枕なら横向けに眠れる!

今回見つけたのは、YOKONEという枕です。
詳細は公式ページの説明に譲りますが、これならストレートネック持ちでも横向けに眠れそうです。
しかも低反発まくらというのがうれしい

やっぱり枕は低反発のものが気持ちいいんです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ