ストレートネックが原因で肩こりが! YOKONEなら改善できる!

ストレートネックの症状

学生のころから慢性的な肩こりに悩まされていました。原因は姿勢の悪さと近眼、そしてかみ合わせの悪さのどれかではないか思っていましたが眼鏡を治したり親知らずを抜いて歯列矯正しても思ったような効果が出ず整体に通ってよい姿勢を身に着けようと思いました。そこで指摘されたのがストレートネックで、考えていたように姿勢の悪さも問題ではあるが首の骨がゆるいS字カーブを描いていないせいで頭の重みをうまいこと分散できていないことに加えリンパ管や神経を圧迫しているのが筋肉の血流の悪さや不自然な筋肉のこわばりをもたらし、結果施術者が突き指しかねないほどの肩こりになっていると言われました。

頭の重さを分散できていない事により、肩こりや筋肉のこわばりを起こしてしまいます。
ストレートネックの原因は本来あった首のカーブが失われてしまうことにより引き起こされてしまいます。
まず姿勢を治す事が良いでしょう。

整体院でオススメされた解決法

解決法としてストレッチを行うことや飲食店で出される円筒形に巻かれたおしぼりのようなものをフェイスタオル等で作って仰向けに寝たときに首の下にあてがうように進められました。肩ではなく首に不調の原因があったことは目からウロコでしたが、現在でも整体には定期的に通っていてストレートネックを指摘されることはなくなり首の寝違えは圧倒的に減りました。

大分改善されたとの事で安心いたしました。
タオルを使用した枕づくりやストレッチは有効的です。
ストレートネックで悩まされている方にはオススメの方法となっております。

まずは枕をかえよう

ストレートネット専用枕というのは市販でもたくさん販売されています。
そういったものに変えるといいでしょう。

大事なことは横向きで寝られるかということ

ストレートネックの患者さんの多くは仰向けに寝ることができません。
そこで、重要になってくるのは、ストレートネックを意識した枕でかつ横向けに眠ることのできる枕です。

ストレートネット専用枕では仰向け寝を推奨しているものが多いのでこの点は必ず確認しましょう。

YOKONE(横寝)枕なら横向けに眠れる!

今回見つけたのは、YOKONEという枕です。
詳細は公式ページの説明に譲りますが、これならストレートネック持ちでも横向けに眠れそうです。
しかも低反発まくらというのがうれしい

やっぱり枕は低反発のものが気持ちいいんです。



Written by WHICK

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ