【驚異の半額!】エアーウィーヴライトが圧倒的におすすめの理由!

エアーウィーヴをご検討中の皆様に朗報です。

エアーウィーヴ商品群の中にエアーウィーヴライトという廉価版があるのをご存じでしたか?
今日はエアーウィーヴライトの魅力に迫ってみようと思います。

エアーウィーヴライトの価格と比較

価格は左からシングルサイズ、セミダブル、ダブルとなっております。

エアーウィーヴ 75600円,90720円,105840円
エアーウィーヴライト 39960円,49680円,60480円

エアーウィーヴライトの基本スペック

エアウィーヴの基本性能はそのままキープ。お求めになりやすい価格で、極上の寝心地をお楽しみいただけます。厚さ3cmの薄型タイプなので、折りたたみやすく、収納も楽に行えます。お休み時に使う表面には、通気性を考え抜いた手触りのよい独自カバーを採用。裏面には、汚れにくい耐久性に優れたカバーを装備しています。

※シングルサイズの場合
サイズ :幅 約98cm × 長さ 約195cm × 厚さ 約3.5cm
重さ :約4.5Kg
airfiberの厚さ :約2.5cm厚
アウターカバー表面
(メッシュ地):・ポリエステル55%
・綿45%
・裏地:ポリエステル100%
アウターカバー裏面:ポリエステル100%

一方で、エアーウィーブの性能はというと……

サイズ :幅 約104cm × 長さ 約196cm × 厚さ 約6cm
重さ :約7Kg
airfiberの厚さ :約3.5cm厚

主な違いは厚さ

このようにエアーウィーヴとエアーウィーブライトの違いは厚さにあります。

厚さが違うと底つき感が変わる

それではマットレスの厚さが変わると何が変わるのでしょうか?
それは底つき感です。

底つき感とは

底つき感というのは、薄いマットレスを想像してもらえばわかりますが、マットレスを敷いているにもかかわらず体が床にあたっているような感覚のことです。

底つき感があると、せっかく買った高いマットレスも台無しですね。だから健康マットレスの価格は一般に厚さに比例します。
厚さだけで商品ラインナップを決めているブランドもあるくらいです。

たとえばタンスのゲンさんとかは厚さで基本的な価格帯を決めています。

底つき感があるかどうかは寝る人の体重が密接に関係します。たとえば軽い人なら薄いマットレスでも底つき感は感じませんが、重い人なら底つきしている感じがあるということはあります。また本人の感覚もあるので、一概に何kgからというのは難しいです。

エアーウィ―ヴに底つき感は関係ない

マットレスの使い道は大きくふたつあります。まず床に直敷してそのまま寝るもの。もうひとつはエアーウィーヴのようにベッドマットレスの上に敷くマットレスパッドタイプのものです。

ベッドマットレスの上に敷くと底つき感があったとしても、下が床ではなくマットレスなのですからそこまできにならないですね。
そもそも普通はマットレスの上にシーツ敷いてそのまま寝てるわけですから。

そういうわけで、エアーウィーヴは薄くてもいいんです。はっきり言って、通常のエアーウィーヴ(75600円)との価格差(ライトは39960円)を考えたら、ライトが絶対お買い得なんです!!!!

エアーウィーヴとエアーウィーヴライトの違い

厚さが違うこと、そして価格が違うのですが、もうひとつ違うことがあります。

それは通常のエアーウィーヴは、カバーが両面仕様となっていて、表裏でCool面、Warm面となっており、裏表使い分けることが可能です。

しかし、現実問題、7kgもあるエアーウィーヴをひっくりかえすのは面倒ですし、気温の調節はそもそも布団でやれば済む話ですね!だからそこまであれもこれもマットレスで解決してしまう必要はないんです。

ほしいのはエアー素材をつかった快適かつ健康を維持する睡眠ということであれば、エアーウィーヴの性能を必要最低限なものにおさえたエアーウィーヴライトが圧倒的にお得なのです。

現在のエアーウィーヴライトの価格を確認するならこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ