日本の寝具の歴史~藁の布団からウレタンフォームまで

「布団を考えた人に、ノーベル賞をあげたい!」と私の知人はいつも豪語しています。
そのくらい、布団の中というのは快適で、いつまでも包まれていたいですよね。
ところで、私たちが使っている寝具は、いつ頃誕生したのでしょうか?
また、どのような歴史を歩んで、現在の姿となっているのでしょうか。

寝具の歴史

寝具の歴史

今回は、少し趣を変えて、寝具の歴史をさかのぼってみましょう。

「むしろ」と「ふすま」

縄文・弥生時代では、敷き布団に相当するものを「むしろ」、掛け布団は「ふすま」と呼んでいました。
「むしろ」は、かや・藁・稲・がまなどを編んで作った敷物で、「ござ」「こも」とも呼ばれています。
また、寝るときの着物が「ふすま」の語源ではないかと言われています。

他にも、和歌山県西田井遺跡の竪穴式住居からは、木幹跡が発見されています。
このことから、現在のベッドに似た寝具を使っていたことが推測できます。

本当は写真を貼りたいのですが、なんか問題ありそうなので……写真はなし。

奈良・平安時代からもうベッドがあった!?

奈良・平安時代では、聖武天皇が使用していた、畳と日本最古のベッドが正倉院に納められています。
現代のすのこベッドに近いつくりで、上に畳など敷物を敷いて利用していたことが推測できます。
平安時代に入ると、敷き布団は畳を利用し、何枚も重ねて使用していました。
畳と言っても、現代のような畳ではなく「むしろ」を重ねた質素なものでした。
しかし、これらは公家や貴族の話しであり、農民は粗末なわらぶき小屋で、藁にもぐって寝ていたそうです。

でも藁にもぐるのもそれはそれで気持ちよさそうですね。
ある意味エアーウィーヴやエアリーなども繊維素材なのですから奈良時代の農民とあまり変わらないのかもしれません(失礼)。

鎌倉・室町時代の寝具

鎌倉・室町時代では、寝床を準備する僧侶の絵伝から、敷き布団はなく畳の上に直接寝ていたと推測できます。
掛け布団が誕生するまでは、昼の着物をかけて寝ていた時代が長く続きました。

着物をかけて寝ているというのは専ら暖をとるためで、当時は眠りに対する創意工夫はそんなになかったといえそうですね。

戦国・江戸時代になってようやく掛け布団らしきものが……

戦国・江戸時代では、戦国時代に綿が普及し始め、現在の掛け布団の元となる「夜着」が誕生しました。
綿が入った着物の形をしており、「かいまきふとん」とも呼びます。
肩が覆われて保温性が高いのが特徴です。江戸時代に入ると、綿花の国内生産の発展と共に、夜着や布団が広がっていきました。

しかし、まだまだ綿ふとんは高級品で、庶民は和紙でできた紙ふとんを使用していました。

幕末になると、寝着の衿や袖はなくなり、長方形の形になりました。四隅には、額縁のように縁がつけられ、現代の掛け布団と同じ形となり今も続いています。
明治時代になっても、こうした寝具が使えたのは庶民でも一部でした。
文明開化による安価な外国綿が輸入されたことにより、綿布団は庶民にも少しずつ手が届くようになりました。
しかし一方で、布団が普及することにより起こった問題が、万年床によるカビの発生でした。押し入れはこの頃より誕生し、明治後期からは布団の上げ下ろしの習慣が始まったと言われています。

当時は家庭で布団を仕立てていたため、木綿や真綿を扱ったり、古い綿を打ち直す「わた屋」が存在していました。

戦後になってようやくベッドが登場する

戦後に入ると、ライフスタイルの欧米化が始まり、ベッドの普及によって寝具も様変わりしました。
敷き布団の代わりに、ウレタンフォーム性のマットレスが使用されるようになりました。

ウレタンフォームずいぶんあっさり登場しちゃいますね。
一応NASAが開発したものなのですが……。

日本ではいかに寝具に関して進歩がなく、そして欧米はウンと進んでいたことがわかりますね。
着物をかけて寝ていた人たちにいきなりウレタンフォームが提供されちゃうんですもの。文明開化ってすごい。

吸湿性や抗菌、防カビ効果があるものから、寝心地や健康面を考えたものまで、マットレスは現在も日々進化を遂げています。
最近では、健康志向の上昇から、腰痛や身体の歪みに対応したマットレスも発売されるようになってきました。

掛け布団は、機能性や扱いやすさから、羽根布団・羽毛布団・化繊によるものが一般的となっています。
歴史をさかのぼると、寝室が畳からフローリングへと、生活様式が変化したことで、寝具も変わってきたことが分かりましたね。
ただ寝るだけの道具から、健康を考えた道具に変化してきたことも注目すべき点です。

ご自分の寝具も、この長い歴史を振り返りながら、見直してみてはいかがでしょうか。

タンスのゲン

いい加減マットレスを買い換えよう

多くの人はマットレスを30年-50年と使っています。
マットレスの寿命というのは実は10年くらいなので(欧米のしっかりしたブランドものの高級品なら20-30年)、50年使ってたら、最初の10年をひいた残りの40年はへたってしまったダメなマットレスの上で寝ていることになるわけです。

そんなマットレスの上ではマットレスパッドだけ交換しても、その下のマットレスがだめなので、マットレスを新品にしないとダメです。

東京西川AIRなどはベッドマットレスをそのまま交換できるようなラインナップもありますし、タンスのゲンは厚みがたっぷりある高反発のマットレスが安価で提供されています。
ベッドマットレスに比べたら価格は1/10くらいです。厚さが足りなければ2つ重ねてもいいのですから、積極的にマットレスの買い替えを検討してください。

よく高い健康マットレスに変えたけど、腰痛がなおらないという人がいます。
そういう人はもうダメなマットレスの上に新しい健康マットレスパッドを置いてしまっているのです。

新しいマットレスパッドをまずは交換することからご検討ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ