なぜダニが増える!?その原因とは

9841151-2
生活している上で、どうしても共存しなければいけないダニ
増えすぎるとどのような被害があるのか、そして対策とはどのようなものか紹介致します。

ダニによる被害とは

人体を刺したりしないチリダニが屋内には多く生息しております。
少ない数ではアレルギー等出たりせず、問題なく生活を送ることができるのですが増えてしまうと数々の被害が出てきてしまいます。

アレルギー

ぜんそくや、アトピー性皮膚炎等の様々な被害をもたらして来ます。
また、ダニを殺菌し殺すだけでは全く意味がなくその死骸や糞が空気中に舞う事によって喘息等の被害が出てきます。

ダニが好む環境とは

ダニは高温多湿を好むので、4月から秋に欠けて大量に増殖します。
ダニはライフサイクルがとても早く、布団内部で死んでいくため1度増え始めてしまうとアレルゲンが布団内部に蓄積してしまうので布団のダニはどんどん蓄積していきます。
マットレスを同じ状態で使用していると、湿気が溜まる場所、汚れやすい場所が偏ってしまいその部分にダニが繁殖してしまいます。

効果的なダニ対策

気になるダニ対策をご紹介します!

天日干しにする

こちらの方法は自宅で簡単に行うことができますね。
アレルギー改善のために干す事はとても重要となってきます。天気の良い日に天日干しにします。理想は1周間に1回です。
長い時間干していても意味がなく、ダニは乾燥を嫌うので一番乾燥していると言われている10時~15時の間で2~3時間がベストです。
黒いビニールをかけた状態で干してやるとかなり熱を吸収しダニを殺す環境を作る事が出来ます。

シーツやカバーも1周間に1回洗濯することも忘れずに。

干すだけでは完璧ではない!?

干すだけでは完璧にダニを殺す事ができないと言われています。
自宅にある布団乾燥機を使うことによってかなりの殺菌効果があると言われています!
ダニは50度の温度で20分程度で完全に死滅すると言われており、乾燥機を使うことによって表面を60度近くまで温める事ができるのでかなりの効果が見込めます。

仕上げは・・・!

仕上げに布団の表面に出てきたダニの死骸や糞を掃除機で吸い取れば完璧です!
しかし、掃除機のかけ方にもコツがあります。

普通にかけるだけでは吸い取れない

普段掃除するようにゴシゴシ擦るだけでは吸い取れません。
1平方メートルあたり20秒以上かけ、縦横にゆっくりとかけます。裏返して同様に吸い取ります。

最後に

いかがだったでしょうか。ダニによるアレルギーはかなりつらく疲れもとれないので是非対策を行ってみてはいかがでしょうか。
この記事を執筆しているWHICKも喘息に悩まされていたのですが、ダニ対策を行ったことによってかなり軽減されました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ