激安なのにめちゃめちゃ気持ちいい!!タンスのゲンから登場!低反発マットレス

tansu
タンスのゲンからリーズナブルな低反発マットレスが登場しました。
値段も4000円からとなり、かなり安いですね。

タンスのゲンってどんなメーカー

タンスのゲンというメーカーを聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

「頑張る家具屋」、「デザインのある暮らし」をモットーに生産工場から直接自社工場へ配送することにより、コストカットし、高い品質の様々な家具(マットレスを含む)を販売しているメーカーなのです。

そのため、価格が非常に安いことがその特徴となっております。

タンスのゲンの唯一のデメリット?~匂いに悪い口コミあり!

匂いにはかなり気を使っているタンスのゲン。
しかし匂いが気になる方が多いみたいで、口コミ情報では、ちらほらとお菓子のイカフライやシンナーの匂いがするというコメントがありました。
気になって使用できない!という方は1周間ほどおいてから使用したほうが良いみたいです。

※ちなみに、私は購入経験がありましたがそのような独特の匂いはまったく感じませんでした。
匂いに敏感な人は、少し気に留めておくぐらいの感じでよさそうです。

タンスのゲンは、低反発マットレスも種類が豊富なので、1つづつ紹介します

低反発マットレス

NASA開発のハイテク素材高密度低反発ウレタンフォームを使用しています。
ただの低反発では無く、40Dとなっています。

※市販の低反発素材マットレスは密度40D未満となっており、すぐにヘタレてしまい体が沈み込み過ぎてしまいます。
タンスのゲン低反発マットレスは高密度の40D以上となっており、耐久性がありじんわりとした寝心地を味わうことができます

敷布団やベッドの上に敷くだけで使用でき、丸めてコンパクトに運ぶことができるのでキャンプや車中泊にもオススメ!

パイル生地なので1年を通して快適に使用することができます。
カラーもアイボリー(白)とブラックがあるのでインテリアにも合わせやすいですね。

購入はコチラからどうぞ!!

ハイクオリティ低反発マットレス

厚みが8センチと増しているので底あたり感は一切感じられない商品となっています。
裏面がすべり止め加工されているので、安定感がありますね。
カラーがブラック、アイボリーの他にブラウン、レッド、グリーンが追加されています。
レッドとグリーンがメッシュ生地となっています。

1枚タイプのマットレスになっているので、折りたたんでコンパクトに収納したいという方には
低反発マットレスZという3つ折りにできる低反発マットレスもあります。

購入はコチラからどうぞ!!

女神の低反発マットレス

サイズ感は他とあまり変わらないのですが、厚みが10センチとかなり厚いです。
厚みは増しているんですが、重さが9.2kgとかなり重たいですね・・・

重さをカバーする3つ折りタイプになっているのでそこまでネックに感じることはないです。
カバーを外して洗濯することができるので、清潔に使用することができますね。

セブンスターオープンセル構造を採用しています。
オープンセル構造とは
市販のマットレスはクローズドセル構造となっており、強い圧力により破壊されやすい上に空気を通しにくいです。
オープンセル構造は気泡を覆う膜が取り除かれ、適度な弾力や通気性、復元力に優れています。

購入はコチラからどうぞ!!

タンスのゲン 女神の低反発マットレス 10cm 三つ折り シングル

スーパープレミアム低反発マットレス

耐圧分散に優れている、高密度60Dランクの低反発マットレスです。
厚みがわずか2センチで、普段使用している布団に敷くことで効果を発揮します。
通常の密度のまま2センチの厚みにしてしまうと、柔らかすぎて寝心地を台無しにしてしまいます。

今の眠りを変えたい方だけでなく、車中泊用に持ち運びやすいマットレスとなっています。

購入はコチラからどうぞ!!

低、高反発マットレスUltimate

高反発ウレタンフォームが12センチ、低反発ウレタンフォームが5センチ、厚みが17センチの二層構造のマットレスとなっています。
一般的なコイルマットは厚みが17センチあり、コイルマットの代わりに使用することもできます。
リバーシブルで使用できるマットレスとなっているので、低反発面は横向きで寝る方、包み込まれるような寝心地が好きな方にオススメです。
高反発面は仰向けで寝る方、体格の大きい方、寝返りが多い方にオススメとなっています。

購入はコチラからどうぞ!!

タンスのゲン、低反発マットレスまとめ

タンスのゲンの低反発マットレスは価格が安く、使い勝手の良い商品が多いですね。
匂いが気になる点以外はかなり使いやすいマットレスになっています。
買い替えを考えている人は一度購入してみてはいかがでしょうか!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ