放っておくとカビだらけ!?カビ対策に効くマットレスのメンテナンス法とは?

futontown_0173_3
マットレスを敷いて寝ていると、いつの間にか裏側がカビだらけ・・・になっていることがあります。
そうならないようにメンテナンス等をお教え致します!

マットレスを直に敷かない

マットレスを直に敷くと水分の逃げ道が無くなってしまい、カビの原因となってしまいます。
すのこを敷いてやることによって、マットレスの下に空間を作る事ができ、空気の逃げ場を作る事ができます。

すのこだけじゃダメ、除湿シートと併用で効果発揮

すのこを敷いても、マメにマットレスをあげてやらないとやはりカビてしまいます。
除湿シートと併用することによってかなりカビ対策に効果的です。
もし除湿シートが無い場合は、新聞紙やダンボールでも代用することが可能です。

もしカビを繁殖させてしまった場合

マットレスの表面にカビが見えてしまっている場合(黒い斑点みたいなかんじです)はかなり内部までカビが入り込んでしまっています。
その場合は残念ですが、自分で取り除くのはかなり難しいです・・・。無理に自分で取り除こうとするとマットレスを痛めてしまう可能性があります。
いかにマットレスのメンテナンスが重要になってくるかわかりますよね。そこでメンテナンスの方法をお教えします!

メンテナンスのやり方

絶対にやるな!掃除機で吸う

カビを掃除機で吸い取ろうとすると、カビを部屋中に撒き散らしてしまいます。
最近の掃除機は排気が綺麗だから・・・といっても部屋中にカビを撒き散らしてしまう可能性があります。
やめておいたほうが良いでしょう。

掛け布団を剥がす

起きてすぐ布団を綺麗にしたくなる気持ちはわかりますが、そこはグッと我慢、一旦掛け布団を剥がしてやることによって早く乾かすことができます。

たまにマットレスを壁に立てかけて干す

たまに壁に立てかけて風を通してやることが湿気を減らす重要なことです。
日当たりの良い場所なら太陽の光に当ててやるといいですね。

前後や表裏を入れ替える

毎日同じ場所に寝てしまっていてはそこばかり集中して湿気が溜まっていってしまい、カビが一部分に集中してしまいます。
マットレスの耐久性を考えると、ローテーションをしてやることは重要です。

どうしてもカビを除去したい!

一概に買い替えと言っても決して安いものではないので今のをもう少し使いたい!と思う人は少なくありません。
カビを取るといっても、カビの殺菌、カビの除去が必要となってきます。
黒カビになってしまっているものを脱色するのは難しいですね。よほど強い漂白剤を使わなければ落ちないでしょう。
マットレスへの痛みは計り知れないので、それでも良い!と思う人は試してもいいかもしれません。

マットレスのカビを「除菌」する方法

消毒用のオキシドールかエタノールを使用します。カビ部分にしっかりとつけ、少し時間をおきます。その後ぬるま湯をつけた雑巾でしっかりと拭き取ります。お湯で薄めていくように上からポンポン叩いてやる感覚ですね。
拭き取れたら、ドライヤー等で乾燥させて、風通しの良い場所で陰干しすれば終了です。
黒い斑点は取れませんが、使用には問題無いので安心して使用できます。

マットレスのカビを「脱色」する方法

除菌はできても黒い斑点が残るのは嫌だ!という方はこちらを試してみてください。
キッチン用の漂白剤を黒い斑点に染みこむくらいにつけ、色が落ちるのを待ちます。
マットレスが傷んできてしまうので痛み具合を見ながら待ちましょう。
あまりに痛みが激しいようならすぐに洗い流しましょう。使用に支障が出てきてしまいます。

カビ対策~最後に・・・

いかがでしたでしょうか?一度カビを繁殖させてしまうとカビの繁殖は止められません。
日々のメンテナンスが重要となってきます。メンテナンスをしっかりして良い睡眠ライフを送りましょう!

Written by WHICK

カビ対策には通気性のあるマットレスがいいです。
通気性に関する口コミ情報に関しては以下をご参照ください。

AIR01の通気性に関する口コミ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ