至福の眠りを提供するキングスダウンのマットレス

独自に集めたアンケートをもとにみなさんのおすすめの快眠グッズを紹介しています。
今回ご紹介するのは、「キングスダウンのマットレス」です。

値段は高いが寝心地の良さが違うキングスダウン

キングスダウンのマットレスを使用しています。
引っ越し時に新しいベッドを買うにあたり、マットレスも新調しました。
その際、家具屋さんにすすめられたのがキングスダウンのマットレスでした。
寝心地が非常によく、ベッドに横になると、あっという間に寝てしまうほどです。
遊びに来た友人も横になってびっくりしていました。

2段重ねはさらに寝心地が良い!

多少、お値段が高めではありますが、毎日寝ることを考えたら安いものだと思います。
母も同じキングスダウンのマットレスを使用していますが、こちらは2段重ねのため、さらに寝心地がいいです。

家具屋ですすめられて

家具屋さんにすすめられて購入しました。
それまではあまりマットレスに詳しくなかったので適当に選んだマットレスで寝ていましたが、
マットレスによってこんなにも寝心地が違うのかと驚きました。


キングスダウンは、100年以上にわたり最高の眠りを追求するアメリカのマットレスブランドです。
大塚家具とのコラボレーションで「レガリア」という商品が売り出されており、お手頃な価格の
ものもあるようです。
まずはショールームなどで最高の寝心地を体験してみてはいかがでしょうか。

キングスタウンのマットレスは高すぎるという方へ

キングスタウンはベッドマットレスのブランドでは、非常にハイブランドに位置するもので、大塚家具とのコラボ「レガリア」シリーズでも、もっとも安いもので7万円、高いものだと99万円まであります。
ベッドで寝ていらっしゃる方であれば、ベッドマットレスの上にオーバーレイのマットレス(ベッドマットレスの上に置くマットレスパッドのこと)を置くことで寝心地は変えることができます。
低反発なのであれば、トゥルースリーパープレミアムであれば2万円台から購入が可能です。
このように、安く近い寝心地を追及することも可能です。



トゥルースリーパーceroは高反発だから注意して!

ただしトゥルースリーパーcero(セロ)だけは高反発のモデルなので、低反発を探す場合はセロ以外を選ぶようにしましょう。

その前に!低反発マットレスと高反発マットレスの違いは?

低反発と高反発の違いは、低反発は寝心地の追及、高反発は腰痛などといった健康面のケアーと考えればいいでしょう。
ベッドに寝転んだときにふかーく沈み込むのが低反発で、逆に沈み込まずマットレスがくぼむことなく支えてくれるのが高反発です。

低反発マットレスはトゥルースリーパーだけではありません。
テンピュールにも低反発モデルがありますし、また、高反発でも厚みがあればふかふかで寝心地がよかったりします。
腰痛などに悩まされていて健康面も気になるという方は高反発のマットレスを探してみるのもいいでしょう。

当サイトのライターが、実際にマットレスをいくつか寝てみたところ、テンピュールの低反発モデルが抜群に気持ちよかったという話もあります。
参考記事:テンピュールマットレスを実際に試してみた!

雲のやすらぎでふかふかに眠りながら健康面もサポート!

また、高反発でかつ厚みがあってふかふかのマットレスということであれば雲のやすらぎがおすすめです。
通常マットレスパッドの価格は厚みに比例します。
たとえばエアーウィーヴライトは3.5cmで3万円台ですが、通常のエアーウィーヴは厚さ6cmで7万円台です。
その点、雲のやすらぎは17cmもあり、しかも、価格が3万円台です!
他の高反発マットレスにはない5層構造でふかふかで体圧分散性も兼ね備えている最高のマットレスです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ